Between the moon and the sun

Exakta標準域探訪05 

DSC07464_DxO.jpg

α7(ILCE-7)/A.Schacht Ulm S-Travelon 50mm F1.8 R

項を改めてこれも。
玉数は少ないように思います。


Exakta標準域探訪04 

DSC07431_DxO.jpg
α7(ILCE-7)/EXAKTAR 50mm F2(Silver/Black)

バレルのつくりと被写界深度を表すツメがPancolar 50mm F2と
ほぼ同じなので、何らかの関係があるかも知れません。
ガラスもあちらと同じように黄変していますので、
おそらくはランタン・トリウム系のガラスでしょう。

後年のEXAKTARは大体が日本や韓国のOEMですが、
これは違うのではないかと思います。

Cine Xenon 

DSC00774_DxO.jpg
α6000(ILCE-6000)/Schneider-Kreuznach Xenon 50mm F2(C mount)

Cine Xenon 

DSC00721_DxO.jpg

α6000(ILCE-6000)/Schneider-Kreuznach Xenon 50mm F2(C mount)

ほぼAPS-Cまでカバーしています。

Exakta標準域探訪03 

DSC07400_DxO.jpg
α7(ILCE-7)/Carl Zeiss Jena Tessar 50mm F2.8(Leather)

Exakta標準域探訪02 

DSC07330_DxO.jpg

α7(ILCE-7)/Carl Zeiss Jena Biotar 58mm F2(Silver Preset)/
Enna München Tele-Ennalyt 240mm F4.5

続いて後ぼけが渦を巻くので有名なBiotarと超軽量望遠のTele-Ennaltyを一枚だけ。

Exakta標準域探訪01 

DSC07286_DxO.jpg
α7(ILCE-7)/Tokyo Kougaku RE Auto-Topcor 58mm F1.4